NPO法人 日本妊産婦整体協会は、整体の調整や矯正、ストレッチ体操を用い、多くの妊産婦さんが悩む切迫早産に対応できるテクニックを学ぶセミナーや講座を開講しています。より短時間でしっかりと整体のテクニックが学べます。会員向けのフォローアップ指導も行います。

  • セミナー参加者の声

    2016年6月21日

     6月4日5日大阪セミナーに参加しました、広島で鍼灸接骨院をしています。私の院の地域では妊産婦の方が増加し、また妊産婦さんへの治療の機会が増えてきました。妊産婦の体の知識の無さから単なる腰痛や股関節痛でも、妊婦の体を治療するだけでまさに腫れ物に触る様に治療をし、自分でも納得出来る治療は出来ていませんでした。さらには、嫁の妊娠をきっかけに、このセミナーへの参加を決めました。

     セミナー初日に、嫁(妊娠8カ月、逆子)が参加し、徳元先生の治療の一連を見させてもらうと、腫れ物どころか、知識としっかりとした治療方法があると、ここまでやっても大丈夫なのかと、驚きました。

    大阪妊産婦整体セミナー実例
    ▲左 施術前/下腹部が有り腰の前湾が厳しい

     ボテッと下に出ていたお腹の位置、皮膚の硬さがはっきり変わっていました。また、講習中も骨盤模型を使いながらの説明はとても分かりやすく、オステオパシーなど、普段柔道整復師、鍼灸師としては聞かないし学ばない治療方もお話頂きました。

     セミナーは他業種の方も多く、特に普段妊産婦さんを多く診ている助産師さんからの経験話や質問できる環境は滅多にないので、セミナー外でも十分にプラスαがあり、良い経験をさせて頂きました。このセミナーを通して得た知識と技術を反復して練習し、早く現場で活かせる様になりたいと思うし、嫁含め、地域の妊産婦の方が1人でも救われる気持ちになると思うとわくわくします。

    山根 庸輔