NPO法人 日本妊産婦整体協会は、整体の調整や矯正、ストレッチ体操を用い、多くの妊産婦さんが悩む切迫早産に対応できるテクニックを学ぶセミナーや講座を開講しています。より短時間でしっかりと整体のテクニックが学べます。会員向けのフォローアップ指導も行います。

  • 協会本部研修者の声(助産師)

    2016年11月8日

     妊産婦整体開業を直前に控えたて参加したセミナーで、開業に不安を抱えていることを徳元先生に話したら「そのまま開業するより、開業の時期を少し遅らせてでも実際の現場を見ることをすすめる」と言っていただき急遽徳元整体へ行かせていただくことになりました。

     「妊産婦整体」という文字は控えめな看板…にも関わらず、ひっきりなしに妊娠中・産後の方が訪れることに驚きました。妊娠中の方には、セミナー時と同じように施術前後のお腹の状態を触らせていただきました。来院時は表情もお腹もやや硬めでしたが、どの患者様も施術が進むにつれて表情が穏やかになり、身体が楽になるのを感じられて、お腹もふわふわのやわらかい状態になるのを確認することができました。

      産後の方は、尿漏れ・腱鞘炎・乳腺炎などの症状で来院されており、セミナーで教わった手技に併せてさらに効果的な施術方法も見学させていただきました。産後のトラブルは、身体への負担だけでなく精神的にも大きなダメージとなり、産後鬱にもつながる可能性があるからこそ早めに改善した方が良いと先生が話されていて、改めて考えさせられることがありました。

     赤ちゃん連れで来院される方も多く、にぎやかな中での施術・ベッドサイドへ子どもが来るタイミングなど、現場に行かなければわからない雰囲気を感じられました。また、「おなかが張るから予約をキャンセルします」という電話への対応、施術後にクレームを言われないように施術中に伝えてく大切な一言など、技術的なことだけでなくこれから開業するにあたり参考にすることがたくさんありました。先生だけでなく、他のスタッフの方からも細かく指導していただき頭がパンパンになりました。テキストで筋肉の付着部位などを確認し、骨格模型を利用して説明してもらった後、スタッフの方の身体も提供してもらって何度も繰り返し練習することができ充実した研修となりました。

     研修に来られた理学療法士の方とも話す時間があり、抱っこ紐の使い方や中腰・しゃがむときの身体に負担が少ない方法などを教えていただき思わぬ収穫がありました。これまでのセミナーで学んだことと、今回の研修で学んだことを合わせてこれから実際の現場で生かしていきたいと思います。研修に行くと決めるまでは少し悩むこともありましたが、行ってよかったです。「百聞は一見に如かず」とは正にこれだと感じました。貴重な機会を与えてくださった先生と、スタッフの方々・見学させていただいた患者様たちに感謝致します。本当にありがとうございました。

    助産師 松田マリ子