NPO法人 日本妊産婦整体協会は、整体の調整や矯正、ストレッチ体操を用い、多くの妊産婦さんが悩む切迫早産に対応できるテクニックを学ぶセミナーや講座を開講しています。より短時間でしっかりと整体のテクニックが学べます。会員向けのフォローアップ指導も行います。

  • 徳島文理大学 助産学専攻科 学生の声

    2018年2月26日

    骨盤ケア教室での学び

    日本妊産婦整体協会 徳島文理大学

    骨盤ケア講座での学びとして、この講座は前々から予定されており、どんなことを学ぶ ことができるのかと期待に胸を膨らませていました。
    徳元先生の講座では、実際に自分達も骨盤ケア体操を体験することによって、自分自身の身体で効果を実感することができました。さらに、実際の妊婦さんがモデルになってくれたことにより、施術前後でお腹の違 いを確認することができ効果をより実感することができて本当に貴重な体験となりました。学生の学びのためにモデルになっていただいた妊婦さんにも感謝しています。また、さまざまな陣痛促進方法や不快症状の緩和方法を知ることができ、今までにない新たな発見で とても楽しかったです。

    実習でも、足浴や散歩、三陰交を刺激して陣痛促進を試みるなど の方法を行っていましたが、それでも効果的な陣痛が発来しないこともあり、実習前に知りたかったと思う反面、実習を通して色んな経験をしたからこそ知識として取り込みやすかったと感じました。

    日本妊産婦整体協会 徳島文理大学整体セミナー

    講義では、言葉だけの説明ではなく、絵での説明で分かりやすく、スムーズに頭に入っ てきて理解しやすかったです。なぜ児が骨盤位や切迫早産になるのかという理論も知ることができ、妊婦さんに説明する際に、分かりやすく伝えることができると感じました。施術の中には、生理痛や生理不順、排卵痛などにも効果があるものもあり、妊婦さんだけで はなく多くの女性の悩みを緩和できると感じました。簡単には習得できない技術ではありましたが、多くの経験を積み、患者さんに不快な症状を与えることなく、自分の技術のなかに取り入れることができればと思いました。

    12月9日には学生が主体となり、地域の妊婦さんに対して骨盤ケア講座をさせていただきました。参加者は10人程度でした。実際に自分たちで資料作りから運営を行い、改めて 一般の方にいかに分かりやすく伝えきれるかという難しさを感じました。講座では、骨盤の仕組みや、なぜ骨盤がゆがんでしまうといけないのかということを伝えたうえで、実践編として参加者にも骨盤体操を実施してもらいました。体操の前後でお腹の形や骨盤のゆるみをチェックし、効果を感じていただくことができました。

    日本妊産婦整体協会 徳島文理大学整体セミナー

    徳元先生の講義で行ったバスタオル体操を取り入れたところ、参加者から「気持ちいい」「これいいですね」という声が聞け、実施後のアンケートでもバスタオル体操を続けていきたいと書かれている方が半数以上いました。また、徳元先生の講義後ということもあり、私たちもこの体操がどこを 刺激してどんな効果があり、なにが予防できるのかということを参加者にも伝えることができました。参加者の方にも実際に効果を感じてもらうことができ、自宅でも継続したいという感想から、私たちの講座が少しでもお役にたてたかな、という思いでした。徳元先生が学生のために熱心に講義をしてくれたおかげだと感じています。ありがとうございました。

    日本妊産婦整体協会 徳島文理大学整体セミナー

    この骨盤ケア講座や実習期間を通して、妊婦さんのなかには、妊娠後の生活の変化や腹部増大に伴い、腰痛や恥骨痛、身体的な辛さから心理的な悩みを抱える方も多くいるということを知りました。そのため、今後も悩みを抱える多くの妊婦さんに骨盤ケアの大切さや体操方法を伝えていき、心身ともにリフレッシュしてほしいと感じています。 お忙しいなか徳島まで足を運んでくださり、文理大学助産学専攻科の学生のために素晴らしい講座を開催していただき、多くの体験をさせていただいた徳元先生や6名の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。この学びを忘れることなく、自分の知識として取り入れていきたいと感じています。またセミナーでお会いできるのを楽しみにしています。