NPO法人 日本妊産婦整体協会は、整体の調整や矯正、ストレッチ体操を用い、多くの妊産婦さんが悩む切迫早産に対応できるテクニックを学ぶセミナーや講座を開講しています。より短時間でしっかりと整体のテクニックが学べます。会員向けのフォローアップ指導も行います。


助産師向けセミナー

□テーマ1□ 妊娠中に起こるトラブルに対して対応方法

  • 切迫早産、逆子の矯正。自己調整法としてストレッチだけで切迫早産の緩和や逆子矯正に対応するテクニックです。
  • 骨格を矯正することで子宮や消化器系が緩み赤ちゃんの環境が良くなります。
    その理論と矯正を学びます。
  • ダイレクトテクニックとして消化器系にアプローチをいたします。
    何故、消化器系をアプローチするのか。その理論と実証を学んでいただきます。
  • 他悪阻のメカニズムと対処法、妊娠線を出来にくくする調整、便秘の解消、股関節痛、尾骨痛、恥骨痛、尿漏れ、陣痛促進、その他の妊娠中のトラブル等
  • 産後のトラブル。骨盤の調整、恥骨痛の調整、尾骨痛の調整、尿漏れの調整
◆妊産婦整体実例(逆子の調整)
逆子の調整

【左写真】ビフォアです。お腹が張ってパンパンです。横に広がらず前に突き出ています。便秘で腹痛も抱えています。胎動があまり有りません。
【右写真】アフターです。お腹が横に広がり柔らかくなっています。写真からもわかるようにシャツの生地も緩んでいるのがわかります。調整直後から腹痛がなくなり5分後にはトイレで快便となりました。胎動が活発になり、自由に動けるようでした。


◆妊産婦整体実例(陣痛促進)
陣痛促進

【左写真】出産予定日が過ぎても、陣痛が来る気配もなく子宮口も開いていません。お腹が張ってパンパンです。お腹のトップ位置がお臍より高い位置に有ります。便秘で腹痛も抱えています。胎動は有りますが上のほうで動いています。
【右写真】アフターです。お腹が柔らかくなっています。写真からもわかるようにお腹のトップの位置が下がっています。(約トップの位置が5センチ下がりました)調整直後から陣痛が来たそうです。胎動の位置も下がりました。その後、検診で子宮口も開いていき翌日に無事出産となりました。


□テーマ2□ 整体からみる乳房トラブルへの対応

  • 乳腺炎などから来る熱感や発熱の予防や抑制の矯正テクニック
  • 母乳量のアップや出すぎの抑制を促し安定した母乳の供給の矯正テクニック
  • 腱鞘炎の予防
 背骨の矯正だけでなく肋骨の矯正を習得して頂きます。肋骨の矯正は整体の世界でも行われていないのが現状ですが、この肋骨の矯正を習得することで乳房のトラブルが一気に改善の方向に進みます。他の、効果として肩こりや頭痛の抑制のもつながります。

助産師向けセミナー報告・受講生の声はこちら