NPO法人 日本妊産婦整体協会は、整体の調整や矯正、ストレッチ体操を用い、多くの妊産婦さんが悩む切迫早産に対応できるテクニックを学ぶセミナーや講座を開講しています。より短時間でしっかりと整体のテクニックが学べます。会員向けのフォローアップ指導も行います。

はじめに

 現在、不妊や産前・産後など、妊産婦や出産を望む女性(以下妊産婦)を取り巻く状況は、ますます厳しくなっています。

 女性の社会進出にともない、晩婚、高齢出産によって、逆子や切迫流産、尿漏れ、乳腺炎、腰痛、腱鞘炎などのトラブルが。さらに運動不足や食生活の変化、ダイエット、冷え、ストレスによる生理不順は不妊につながります。無事に妊娠できたとしても、逆子や切迫流産のリスクも20年前より20%も増加していると言われています。産後も、筋力の低下のために子宮が正常に戻らず、尿漏れや腰痛など様々なトラブルに悩まされています。
 そうしたトラブルに対応できる知識や技術を持った助産院・整体院も不足しています。妊産婦トラブルに対応できる助産院・整体院が身近にあれば、妊産婦の安全・安心な出産、産後ケアにつながるのではー。

 こうして「特定非営利活動法人(NPO法人)日本妊産婦整体協会」を設立することといたしました。私たちは、地域の医療機関との円滑なコラボレーションをおこない、手技療法家にたいする信頼を向上し、地域のリーダー、地域で核となる人材を育てる指導者を育成し、誰もが安心して出産できる環境の実現に向け活動してまいります。


◆セミナーの様子(左/施術者治療家向けセミナー 右/助産師・産科医向けセミナー)
東京でのセミナー風景東京でのセミナー風景

活動の目的

この法人は、妊産婦に対して、産前産後の相談事業を行い、また、妊産婦を支援する関係機関に対して妊産婦整体についての普及啓発事業を行い、妊産婦の健康に寄与することを目的とする。


活動の種類

  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

事業の種類

  1. 手技療法家の妊産婦整体に関するセミナー事業
  2. 助産師向けの妊産婦整体に関する普及啓発事業
  3. 妊産婦を対象とした産前産後の相談事業
  4. 損害保険の代理店業務
  5. 他の活動団体への紹介、あっせん業務