NPO法人 日本妊産婦整体協会は、整体の調整や矯正、ストレッチ体操を用い、多くの妊産婦さんが悩む切迫早産に対応できるテクニックを学ぶセミナーや講座を開講しています。より短時間でしっかりと整体のテクニックが学べます。会員向けのフォローアップ指導も行います。

最新のお知らせ


2018年5月22日 : セミナー参加者の声(助産師)
日本妊産婦整体協会 妊産婦整体セミナー

今回は、再受講させていただきました。

昨年から学び始めた妊産婦整体ですが、病院で試していたところ、退院後も継続的にケアをしてほしいという褥婦さんからの強い希望で始めた訪問のみでの整体+育児サポート。

骨盤ユルユルの時期は終わったのに、まだまだ継続ケアを希望してくださり、ぼちぼち1歳になる子ども達。妊産婦整体を学び中の未熟な私でも、産後のママ達の身体のケアを続けることができています。今回も『新しい技を期待しています』の言葉に見送られての参加でした。

日本妊産婦整体協会 妊産婦整体セミナー

復習も兼ねての参加でしたが、1日目の午前中から進化した技術練習。基礎がわかっているからこそ、進化した技術が習得できるわけですが、やはり目から鱗。

徳元先生は、助産師が現場で使いやすいように…と、いつも助産師の目線から見て考え、私達助産師の負担にならないように進化させてくれているのだと感じます。本当に本当に有り難いことです。

日本妊産婦整体協会 妊産婦整体セミナー

今回は、セミナー当日 感じた自身の体調不良について実感したことを書こうと思います。

もともと、身体が良くも悪くも反応しやすいタイプなのです。セミナー1日目は身体を緩めないままに、午前中は骨盤の中を緩め、午後は骨盤を開いたり締めたり。骨盤だけを部分的にケアした結果、もれなく頭痛と吐き気に襲われました。徳元先生やサポートに入ってくださっている方々にケアをしていたので、体調は戻りましたが、久しぶりに辛いと感じる体験でした。

しかし、よく考えてみると、この体験は産後のお母さん達の状態(骨盤ユルユル)を、疑似体験していたんだ…ということに気づいたのです。妊娠後期から分泌されるホルモンによって骨盤は緩み、分娩によって骨盤が開く。産後は、急激に身体のバランスが崩れた状態にあり、頭痛や吐き気、気分不快が出ても全く不思議ではないことを、身をもって体験しました。分娩後、骨盤を締めることの大切さをあらためて感じました。

普通の助産師であれば、骨盤ベルトを巻くことくらいしかできませんが、妊産婦整体を学んでいれば、簡単な手技で骨盤を締めることが出来るようになります。

日本妊産婦整体協会 妊産婦整体セミナー

私が妊産婦整体に出会って2年目になりましたが、昨年は助産師人生で1番成長した1年だったように思います。助産師を続けていると、乳房ケアや分娩において、必ずぶつかる壁があるように思います。それを解消してくれたのが妊産婦整体でした。

仕事をする中で上手くいかないと感じている助産師さん、看護師さんに、ぜひ学んでほしいと思います。

助産師 宮川奈恵

日本妊産婦整体協会 妊産婦整体セミナー
2018年4月19日 : 助産師向けセミナー参加者の感想2
日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

助産師歴は16年ですが、今までのケアとは違うケアを学べたことが とてもいい経験になりました。 今までおっぱいのケアは局所的に見てしまっていたケアでしたが そのケアでは行き詰まったところがありました。

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

今回整体を学び、体全体を緩めてトラブルを改善する方法に 目から鱗の連続! 実際におっぱいトラブルを持つお母さんに今回学んだ整体と おっぱいマッサージ手技を合わせたところ、更に効果絶大でした!

おっぱいだけでなく、産前産後のお母さん達の体が もっと楽になるお手伝いが出来るよう 他のコースも受講してみたいと思います。

新潟県三条市 開業助産師

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー
2018年4月19日 : 助産師むけセミナー参加者の感想1
日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

私は総合病院で勤務助産師をしています。今回助産師向けセミナーの「乳房トラブル」の回に参加させていただきました。

私がNPO法人日本妊産婦整体協会を知ったのは同じ助産師の友人から「すっごくいいケアがあるんだよ!」と熱心に勧められたのがきっかけでした。日々、乳房トラブルや緊満が強く赤ちゃんが吸い付けない辛さを抱えたお母様たちと向き合う中で、ケア方法に限界を感じていたところでしたのでとても興味がありました。

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

医療者として人体の構造や仕組みをある程度分かっていたつもりでしたが・・
実際に参加させて頂くと、目から鱗の連続でした。視る(診る?)視点が違う!

普段全身状態をみているつもりでもどうしても乳房や乳頭に目が向きがちです。
特に赤ちゃんが吸い付くためには乳頭乳輪が軟らかくなければならないからと強い力で乳頭乳輪を指で圧迫してほぐすという方法が院内のスタンダードな方法でした。

緊満が強く、乳房に触れるだけでも痛みを感じるお母様たちにそんな痛みの強い方法は取れないと色々模索していたところ「ようやく巡り会えた~っ」という感じです。

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

実際にお母様たちに実践していくと、それまでの方法では緊満や痛みが解消出来なかった方たちの乳房が本当に柔らかくなり「すごく楽になりました!」と実感して頂くことができました。一回のケアで劇的に変化するので、お互いにびっくりする位です。

それまで痛みを堪えながら乳頭乳輪を圧迫してそれでも吸い付けない方から「なんで?なんで?魔法みたい~!」と感激のお声も頂きました。

かなりうっ積の状態が強い方でも、吸わせる前に行うことで乳頭もふわふわになり、赤ちゃんが吸い付くことが出来ます。陥没乳頭や扁平な乳頭の方も、基底部が柔らかく可動性がよくなるからか伸展が良くなり吸い付きやすくなるようです。

赤ちゃんが吸ってくれるので、どんどん乳房も楽になりお母様の気持ちも楽になります。
硬さが強い方に実施すると痛さもありますがツボを押されるみたいで痛気持ちいいと仰るのとその後が肩も首も胸もすごく楽になる!と、今までの方法より断然良いです!という声が多いです。

セルフケアできること、効果の実感が直ぐにできること、道具も場所も時間もとらないこと、授乳時期を問わず様々なケースへの対応が可能なことなど、本当にいいことづくしだと思います。

日本妊産婦整体協会 助産師向けセミナー

まだまだ未熟な手技ですが、これからも幸せなお母様と赤ちゃんが増えるようもっともっと学んでいきたいと思います。そして今後院内でも、地域でも妊産婦整体を広めていけるようにと新たな目標ができました。

取り急ぎ乳房ケアでの実践報告とさせていただきます。今後も女性の一生をサポートしていける身体をみれる助産師としてお母様と赤ちゃんに寄り添っていけるよう妊産婦整体を学んでいきたいと思います。

新潟 病院勤務助産師



2018年2月26日 : 徳島文理大学 助産学専攻科 学生の声
骨盤ケア教室での学び

日本妊産婦整体協会 徳島文理大学

骨盤ケア講座での学びとして、この講座は前々から予定されており、どんなことを学ぶ ことができるのかと期待に胸を膨らませていました。
徳元先生の講座では、実際に自分達も骨盤ケア体操を体験することによって、自分自身の身体で効果を実感することができました。さらに、実際の妊婦さんがモデルになってくれたことにより、施術前後でお腹の違 いを確認することができ効果をより実感することができて本当に貴重な体験となりました。学生の学びのためにモデルになっていただいた妊婦さんにも感謝しています。また、さまざまな陣痛促進方法や不快症状の緩和方法を知ることができ、今までにない新たな発見で とても楽しかったです。

実習でも、足浴や散歩、三陰交を刺激して陣痛促進を試みるなど の方法を行っていましたが、それでも効果的な陣痛が発来しないこともあり、実習前に知りたかったと思う反面、実習を通して色んな経験をしたからこそ知識として取り込みやすかったと感じました。

日本妊産婦整体協会 徳島文理大学整体セミナー

講義では、言葉だけの説明ではなく、絵での説明で分かりやすく、スムーズに頭に入っ てきて理解しやすかったです。なぜ児が骨盤位や切迫早産になるのかという理論も知ることができ、妊婦さんに説明する際に、分かりやすく伝えることができると感じました。施術の中には、生理痛や生理不順、排卵痛などにも効果があるものもあり、妊婦さんだけで はなく多くの女性の悩みを緩和できると感じました。簡単には習得できない技術ではありましたが、多くの経験を積み、患者さんに不快な症状を与えることなく、自分の技術のなかに取り入れることができればと思いました。

12月9日には学生が主体となり、地域の妊婦さんに対して骨盤ケア講座をさせていただきました。参加者は10人程度でした。実際に自分たちで資料作りから運営を行い、改めて 一般の方にいかに分かりやすく伝えきれるかという難しさを感じました。講座では、骨盤の仕組みや、なぜ骨盤がゆがんでしまうといけないのかということを伝えたうえで、実践編として参加者にも骨盤体操を実施してもらいました。体操の前後でお腹の形や骨盤のゆるみをチェックし、効果を感じていただくことができました。

日本妊産婦整体協会 徳島文理大学整体セミナー

徳元先生の講義で行ったバスタオル体操を取り入れたところ、参加者から「気持ちいい」「これいいですね」という声が聞け、実施後のアンケートでもバスタオル体操を続けていきたいと書かれている方が半数以上いました。また、徳元先生の講義後ということもあり、私たちもこの体操がどこを 刺激してどんな効果があり、なにが予防できるのかということを参加者にも伝えることができました。参加者の方にも実際に効果を感じてもらうことができ、自宅でも継続したいという感想から、私たちの講座が少しでもお役にたてたかな、という思いでした。徳元先生が学生のために熱心に講義をしてくれたおかげだと感じています。ありがとうございました。

日本妊産婦整体協会 徳島文理大学整体セミナー

この骨盤ケア講座や実習期間を通して、妊婦さんのなかには、妊娠後の生活の変化や腹部増大に伴い、腰痛や恥骨痛、身体的な辛さから心理的な悩みを抱える方も多くいるということを知りました。そのため、今後も悩みを抱える多くの妊婦さんに骨盤ケアの大切さや体操方法を伝えていき、心身ともにリフレッシュしてほしいと感じています。 お忙しいなか徳島まで足を運んでくださり、文理大学助産学専攻科の学生のために素晴らしい講座を開催していただき、多くの体験をさせていただいた徳元先生や6名の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。この学びを忘れることなく、自分の知識として取り入れていきたいと感じています。またセミナーでお会いできるのを楽しみにしています。
2018年2月14日 : セミナー参加者の声
日本妊産婦整体協会 名古屋妊産婦整体セミナー

今回数年ぶり、3回目の参加でしたが常に進化しパワーアップする妊産婦セミナーに感動しっぱなしでした。
私は普段から妊産婦さんのみを施術していますので徳元先生は私にとって神のような存在です。

妊娠期のお腹の張り、胎児の位置(逆子を含む)、切迫早産を消化器系を緩めることで改善、予防につながることを実感し確信することができるセミナーはこのセミナー以外に無いと思います。
また、国家資格を持たないセラピストに向けての簡単かつ理解しやすい指導と先生の人柄で質問もしやすくしっかりと自分の中に落とし込める内容でした。
女性でも無理なく行える手技や疲れない施術の仕方で骨格・骨盤矯正、内臓調整まで学べ、その場で自身の体も変わりすぐに実践で使える事を実感しました。
脳と仙骨の関係からみる妊娠後期のトラブル、陣痛促進テクニックについては感動モノです。
また最近多い帝王切開後の産後ケアも学べ産前産後のトータルケアがしっかりとできる自信がつきました。

日本妊産婦整体協会 名古屋妊産婦整体セミナー

今回の名古屋セミナーは再受講の方が多くより深く、より多くの手技を学べた事はラッキーでした!
懇親会でのオヤジギャグも毎回楽しみの一つです!

近年、たくさんのセミナーや講座がある中、日本妊産婦整体協会の徳元式テクニックほど女性セラピストや助産師の方にわかりやすく、取り入れやすいものは無いと思います。

日本妊産婦整体協会 名古屋妊産婦整体セミナー

明日からまた日々、妊産婦さんの心と身体に向き合っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。